ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マジカルストーンを探せ!月の降る島』 関田涙 講談社 
2006.10.20.Fri / 14:29 
マジカルストーンを探せ! 月の降る島 (講談社青い鳥文庫)マジカルストーンを探せ! 月の降る島 (講談社青い鳥文庫)
(2006/10/14)
関田 涙

商品詳細を見る

  ★★★★★

 面白かった。

 意外だった、と言うと失礼にあたるかもしれないが、関田さんから青い鳥文庫から出すことになったと聞いたとき、「え? 児童文学で有名な、あそこから? 大丈夫かしら」と思ったのは、内緒。第一、不思議な宝石の「マジカルストーン」というネーミングからして安直というかそのまんまというか、ひねりが無くて、子供たちに受けるのかしら、と思ったものだが、これがマジカルでマジカルなストーリーで良かった。とくに「月の降る島」という副題が、ロマンティックで、まるで読者に夢を与えてくれるように、この物語にピッタリ。

 怪盗ヴォックスが登場すると聞いていたので、謎解きを手土産にどんだけ暴れまわってくれるのかしらと思っていたら、あらら、この人の正体自体がミステリだったのね。ま、最後まで正体が判らなかったよ。ていうか、伏線はあったのか。ままま、こんなのはどうでもいい。大事なのはマジカルストーン〈月の石〉が無くなってしまったということ。怪盗ヴォックスの仕業だが、全人類の夢を作りだしているというこれが無くなったら、人は夢を見なくなるのだ。空手のチャンピオンになる夢やミステリー作家になる私たちの夢もなくなっちゃうの? というので、日向と月乃の二人は、〈月の石〉争奪戦ゲームに参加してマジカルストーンを取り戻そうとする。

 とまあ、元気いっぱいの日向とお嬢様タイプの月乃。小学5年生の可愛い女の子が出てきて可愛らしいだけのお話のようだが、登場人物が大人から子供までいろんなタイプが出てくるので、大人の読者でもとても楽しめる。つかみもバッチシ。「全身、虹色のピチッとしたタイツ姿」のピエールと、「白と黒のしま模様で、ベレー帽をかぶったブタみたいな生きもの」であるバクのハツには笑ってしまった。とくに、立ったまま眠っているハツのユニークさは抜群。また出してほしい。

 ミステリとしてはどうかといえば、これが意外と本格的でかなりてこずってしまう。関田さんの本でこれほど判らなかったのは初めてではないだろうか。つうか、今の小学生にとってはこれくらいはなんでもないゲームなんだろうか。いやほんと、難問だった。ていうか、勘でしか判らないような奇問もあったよね。

 ところで、青い鳥文庫といえば、可愛い挿絵がついた子供向けの本だと連想される方が多いと思うが、これがあなどれないのだ。奥が深い。実際、子供たちに人気のある本ばかりなのだが、今回の作品は小学中級からなっているので、お子様がいらっしゃる方にぜひお薦めしたい。

 こんな謎、すぐわかっちゃったよ、というつわものがいたら是非教えていただきたい。師匠と呼ばせていただきます。

*****************************************
 こちらは「でこぽんの読書日記」からの転載です。

コメントを書く
関田 涙
2006/10/20 15:56
こんにちは。お読みいただきありがとうございました。
さすが、でこぽんさん、鋭いですねー。
一応、国語(17文字)、社会(洞穴、知恵の珠)、算数(コイン)とバランスを考えて配置してみたのですが、むつかしすぎたかしら。
というか、謎を解くための情報が不足してますね。済みません……。


でこぽん
2006/10/20 21:24
こんにちは。わわわ、関田さんの掲示板に感想を書きにいこうと思っていたのに、さきにコメントを頂いてしまいましたね。ありがとうございます。
でこぽんさんは、やっぱりダメでしたね。でもどの謎解きもとても楽しかったので、きっと小さいお友だちは張り切ってバシバシ答えたんでしょうね。
え?国語に社会に算数でしたか。んもう、早く言ってくださいよ。だけど国語とか社会は昔から苦手だったし、算数のところはなんどやっても「出来ない」と投げ出してしまいましたから、やっぱり向いてなかったようです。でもこのつぎは負けませんよ。またとぼけた味のあるハツに会いたいです。続編をよろしくです。

スポンサーサイト
* テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『マジカルストーンを探せ!月の降る島』 関田涙 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。