ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『エルの終わらない夏』 関田涙 講談社 
2005.06.09.Thu / 14:41 
エルの終わらない夏エルの終わらない夏
(2005/06/07)
関田 涙

商品詳細を見る

  ★★★★★

 こんなに切ないのにこんなに涙が溢れるのにハッピーエンドと思うのは初めてかもしれない。

 読み終わって第一章の「エルの呼ぶ世界」に戻ってみました。プラットホームに降り立ったなんの変哲もない夏の眩しい描写。初読とは一転して景色は瞬く間に色づきはじめます。そして、これから17歳の荏瑠(エル)の終わらない夏が始まると思うと涙が溢れてきて字が霞んでしまいます。

 下手をすると地味にしかならないかもしれない押さえた筆致。その静謐な文章が荏瑠の孤独を浮かび上がらせ、世界はこんなにも美しいものだと気づかせてくれます。

 ネタが分かりトリックが分かっても、その一歩も二歩も先をいっていた世界です。17年前に起こった殺人現場からの父の失踪。それからもっと過去に遡れば母が5歳のときに起こった祖父母の殺された事件。そして現在もまた荏瑠の周りで起こる事件。それらが、時を越えて繋がっていきます。

 荏瑠の前にときどき現れる謎の少女・ウラニア。背丈も年齢も同じくらいで、顔の輪郭も似通っている不思議な少女。明るくてとろけるような双眸を持ち、荏瑠とは正反対の明るい性格を持ったこの少女は一体どんな目的で荏瑠の前に現れたのでしょうか。その意味するところはなんでしょうか。

 地味な荏瑠とは違って、ウラニアの軽やかなお喋りは、この作品を少しだけ華やいだものにしてくれます。そうそう、もう一人いましたね。高校1年の和倉誠です。誠といえばヴィッキーシリーズの主役(?)ですね。同じ名前ですが、その誠と関連があるかは読んでからのお楽しみです。性格も明るくてちょっとイイ感じなのです。私は『刹那の魔女の冒険』の最後に載っている「プロローグ」のラストを思い出して嬉しくなってしまいました。そういえば関田さんの構想ん?年の洋菓子も出てきました。ああ、これだったのですね。

 なんだか纏まりのない感想になってしまいましたが、とにかく素敵な作品です。今回は前三作とは随分感じが違っていて、本格や新本格を期待される方にとっては、首が傾くかもしれませんが、それでもそんなことなんか関係ないくらいに面白くすいすい読めますし、なにより作品の雰囲気が抜群に良いです。これを書いている間も思い出しては涙がこぼれそうになるくらいですから。そして再読する楽しみが待っていますね。

 お薦めです。
*********************************
[コメントを書く]

# のぽねこ 『こんにちは。本日読了して、記事をアップしました。マイレコの方にはトラバさせていただきましたが、できればこちらにもさせていただきたいので、またトラバお願いします。
最近、がちがちの本格ものより、こういう物語が好きになってきています。本当に素敵な物語ですね。
あまり書くと問題だと思うのですが、一つだけ。グランドピアノのエピソードでは、なんともたまらない気持ちになりました。
蛇足ですが、カバー折り返しのクイズが解けて嬉しかったです(笑)』

# でこぽん 『のぽねこさん、こんにちは。
マイレコにTBありがとうございました。
ふふ。この話は素敵でしたね。あまりにも私好みだったので、ちょっとビックリしてしまいました。前三作よりずっと読みやすくなっていたのも嬉しかったですね。
グランドピアノのエピソードですか……ごりごりしたっていうのでしたかしら?ちょっとわからないです。すいません。』

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050609

スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『エルの終わらない夏』 関田涙 講談社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。