ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『誰よりもつよく抱きしめて』 新堂冬樹 光文社 
2005.09.30.Fri / 15:10 
誰よりもつよく抱きしめて (カッパノベルス)誰よりもつよく抱きしめて (カッパノベルス)
(2005/09/26)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

  ★★

 ものすごく夢中で読んだし、ものすごく興味深い内容でしたが、はっきり言います。
こんな話は嫌いです。

 相変わらずリーダビリティは抜群だし、のめり込めるほど面白いにも拘わらず、着地点にあざとらしさが感じられて、どうにもこうにも気に入らないのです。

 評価のほうは、新堂ファンであるにも拘わらず、ただただ好きじゃないというだけで、思いっきり下げてしまっていますが、出来れば多くの方に読んでもらって考えていただきたいです。
結婚生活8年目の仲睦まじい夫婦が、夫の病気のためにセックスレスとなっている。その症状というのは、物が素手で触られないという強迫的な潔癖症。その症状に長年苦しめられる夫と妻。そんな二人の前に現れた、深刻な悩みを持つ青年と、やはり同じような症状で苦しんでいる女性。

 夫は妻に対して幸せにできないという不甲斐なさで一杯だし、妻はそんな夫を不憫に覚える。お互い愛し合っていながら上手く伝わらない気持ちが痛いほど伝わってきて、好感触です。
ですが、読んでいてだんだんと苛々してくるのです。

 この夫婦は別れたほうがいいです。

 現実的にいって、こんなことは有り得ないです。

 こういう優柔不断な話は、性格的に合わないのです。

 これはもう小説の出来がどうのこうのというレベルではなく、つまり虫が好かないという感情なのです。

 ラストの感動場面では完全に白けてしまって、どうとでも好きにすればいいと投げ遣りな気持ちになってしまいましたね。

 大人の、切ない恋愛小説ということですが、こんな話はもういいです。正直飽きました。やはり、新堂冬樹はこういう恋愛小説より鬼畜系に走ってほしいですね。この次は是非、もうひとつの路線でいってくれることを願うばかりです。
********************************
[コメントを書く]

# pnu 『同感です。いい話なのでしょうが、自分にはこの夫婦の身勝手に周りが振り回されただけに思えてしまい、感動は出来ませんでした…。鬼畜系を期待したいですね…。』

# でこぽん 『おお、そうそう。「身勝手」です。
周りは振り回されて、いい迷惑ですよね。
本来なら、童話を読むシーンで感動するところでしょうが、テンションが下がりっぱなしでした。
やっぱり、新堂冬樹は鬼畜系で力を発揮してほしいです。
あと、ゲイのあの人はやっぱりあの彼が好きだったんでしょうね。うんうん。そう考えるしか、この話は成立しませんよねー。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050930/1128178607
[アイアン]新堂冬樹「誰よりもつよく抱きしめて」
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『誰よりもつよく抱きしめて』 新堂冬樹 光文社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。