ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『吐きたいほど愛してる。』 新堂冬樹 新潮社 
2005.03.26.Sat / 15:26 
吐きたいほど愛してる。吐きたいほど愛してる。
(2005/01/20)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

  ★★★★

 四編とも確かに吐きたくなるほどのグロい話ばかりなので、気持ちが悪くなることもあったのですが、読み出したら怖いもの見たさの楽しみが出てきて一気読みでした。

 新堂作品の入門書とはいきませんが、ファンにとってはこれほど面白い作品もないでしょう。ただし食前食後には読まないことをお勧めします。

 帯より

逆上妄想男の迷惑な勘違い愛

夫の帰りを正座して待ち続ける壊れた妻

可憐な美少女が味わう生き地獄

非道の限りを尽くして虐待される寝たきり老人


 いやあ、帯の惹句からして凄いですね。

…「勝手気ままに狼藉の限りを尽くす面々をあなたは愛せるか!」ですか。

 愛せるかどうかはともかくとして、思いっきり楽しませてもらいました。

• 「半蔵の黒子」で蛆虫が出てきたのには辟易しましたが、この自己中心的勘違い野郎は強烈でしたね。蛆虫チャーハンと一緒に夢に出てきそうで怖いです。まさにホラーですね。

• 「お鈴が来る」はもう題名からしてホラーですね。怖いですね。でもちょっとしたミステリ要素もあって、一番好きな作品です。私はどうも精神を患っているという設定に惹かれるようです。妻の壊れっぷりには漫画的要素もあったせいか、怖いんだけど悲惨さがそれほどないところが読んでいて救われました。でも現実だったら、やっぱりサッサと入院させてしまいますよね。それにしてもラストですよ。もう思いっきり背筋が凍り付きそうになりましたね。さすがですね。

• 「まゆかの恋慕」は、唯一まともな作品です。純愛ですね。私はこの手の小説は好きではないので、パスですね。

• 「栄吉の部屋」、いやあ、なんだか笑わせてくれましたね。寝たきり老人の虐待なんて、いきなり可哀想なところから始まったので、あれれ、新堂さん普通になっちゃったのかなと思ったら、やっぱり途中で、非道の限りを尽くした過去なんてのが出てきて、読んでいてむせてしまいましたが、最後はブラックな話ですっきりと纏めてくれたので、安心して本を閉じられたのでした。

 『背広の下の衝動』よりこちらのほうがずっと好きですね。

 新堂ファンにはオススメです。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『吐きたいほど愛してる。』 新堂冬樹 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。