ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『僕の行く道』 新堂冬樹 双葉社 
2005.03.08.Tue / 16:08 
僕の行く道僕の行く道
(2005/02/09)
新堂 冬樹

商品詳細を見る

  ★★★★★

 帯より

愛は奇跡をおこす…
全264ページ
そこにあるのはただ、
親子の愛と信頼の物語。
静かな感動があなたを包む、
感涙のハートフルストーリー。


 まったくもって帯の通りのお話でした。

 涙でぐちゃぐちゃの顔で、ちょっと銀行まで行ってきました。帰ってきてこれを書いていますが、すみません、思い出したら、またはらはらと涙がこぼれてきてしまって……書けなくなりそうです。

 もともと新堂氏は抜群の描写力で悪を描いている方なので、子供と動物を描かせたら巧いだろうなとは思っていましたが、やってくれました。この作品は、平易な文体の中に優しさや哀しみが見事に表現されており、小学三年生の主人公が母をたずねてゆくという話に「初めてのお使い」のような不安や期待感が合わさった感動作品に仕上がっています。

 コスモスの咲き乱れる小高い丘の花畑で、大志を後ろから抱き締める笑顔の女性。

 毎週土曜日に届けられる母からの手紙。

 お母さんは、どうしてパリに行ったの?

 辞典のような分厚い本のページの隙間から舞い落ちた、一枚の写真。

 お母さんは、パリにいるんじゃなかったの?

 コスモスが咲いている瀬戸内海…小豆島。そこにお母さんはいるの?

 いくつかの謎を残しながらラストに向かってゆくのですが、主人公の気持ちを考えながら、また周りの大人達の、優しさに満ちた思い受け止めながら読んでいきました。だんだん鼻の奥がツーンとしてきて、これはちょっとヤバイかなと思っていましたが、やはり駄目でしたね。胸が詰まってしまって、なんとも言えない気持ちになりました。

 ハッとするラストが待ち受けています。

 是非この気持ちを多くの方に味わってほしいと思います。そして、出来るなら是非お子さん達にこの作品を読んでほしいと思います。

 母と子の愛情物語でした。
***************************
[コメントを書く]

# PNU 『いい話でしたねー。自称「刑事」のおっちゃんが出て来た時は、いつもの鬼畜新堂節になってしまうのか??とハラハラしました。』

# でこぽん 『ほんと良かったです~。だいたい子供が出てくる話は好きじゃないのですが、新堂タンが書いていると思うと嬉しくてね~。やられちゃいましたよ。読んでるときは、ふ~ん、って、結構冷めていたのですが、あのラストには参っちゃいましたね。あとで振り返ってみて、つくづくいい話だったなあ~、と思った次第でした。しかし、鬼畜新堂節っていうのはいいですね。新刊が『悪の華』の続編ですからね。期待しちゃってます。TBどうもでした。あ、それから、『夜想』の解説のどうもでした。どひゃー、っていう感じでした。』


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050308
僕の行く道(新堂冬樹)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『僕の行く道』 新堂冬樹 双葉社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。