ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『初恋温泉』 吉田修一 集英社 
2006.07.21.Fri / 21:14 
初恋温泉初恋温泉
(2006/06)
吉田 修一

商品詳細を見る

  ★★★★★

 舞台は、非日常的な空間である温泉宿である。ただそれだけでいつもとは違った感情が芽生えるものであるが、離婚を決めた二人にとってこの温泉宿はどういう意味をもつのであろうか。湯船の中で語るふたりの言葉に、こちらまで長湯でのぼせるような気分を味わう「初恋温泉」であった。この表題作が抜群に良い。吉田修一の力量からいえば、これくらいの作品は描いて当然であろうが、それにしてもこの静謐な文章から紡ぎだされる静寂な空気には感動してしまう。周りの音が止み、ただただ物語の世界に浸れる幸せは何物にも代えがたい。

 他に「白雪温泉」「ためらいの湯」「風来温泉」「純情温泉」がある。さまざまな年代の温泉旅行。温泉はやはり男女で行くほうがしっくりくるような気がする。湯にゆっくり浸かり、美味しいものを頂いて、日頃の不満や疲れを癒してゆく。湯にさざ波が起こるように男と女の気持ちのなかにもさざ波が起こる。少し世俗から離れて別の空間に行けば、また違った気持ちも沸き起こるであろう。

 構成もまた一段と素晴らしい。高校生カップルを描いた最後の「純情温泉」。ずっと君一筋だ、と永遠の愛を誓った男は、さて本当に将来いつまでもひとりの女を愛し続けることができるのであろうか。最初の「初恋温泉」を再読してみると面白い。

 きっとお気に入りの作品が見つかると思います。

 お薦めです。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『初恋温泉』 吉田修一 集英社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。