ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『破裂』 久坂部羊 幻冬舎 
2005.03.18.Fri / 21:23 
破裂破裂
(2004/11)
久坂部 羊

商品詳細を見る

  ★★★

 前作『廃用身』が興味深く、面白く読めたので、これも読むのどうしようかなと迷いました。というのも、『廃用身』が老人医療に対してあまりにも衝撃的な解決策を提示していたため、本作は読まないでおこうと思っていたのです。

 が、帯のキャッチコピー「医者は、三人殺して初めて、一人前になる。」に負けました。

 またしても、どんな衝撃的なことが書かれているのかと、興味津々で読み始めました。

 でもまあ、それほど目新しいことはなく、『白い巨塔』のような医療過誤裁判を背景に嫌な人物がぞろぞろ出てきた小説でしたね。

 正義感だけで行動するジャーナリストのおっさん。出世しか考えない、意外とカワイイ助教授の心臓外科医。過去がトラウマになっている弱っちいんだけど、主人公のような麻酔科医。自分が一番のようなムカつくヒロイン。などなど。だれが主役か最後まで判らずじまいでしたよ。あ、そうそう、忘れていました。一番嫌な奴がいました。厚労省のマキャベリと呼ばれる男です。やはり一番の悪者が官僚っていうのは、どこいっても同じなのでしょうか。とすると、こいつが主役なのでしょうね。

 それはさておき、結局ここで一番言いたかったことは、「高齢者問題」でしょう。

 やはり、この作家は常に老人のことを考えているように思われます。頭が下がります。

 急速に、少子化と高齢化が進むなか、「延命治療」と「安楽死」は避けては通れない問題です。

 ここで進めようとしている「プロジェクト《天寿》」計画、つまり「PPP」(ぴんぴん元気でいて、死ぬときはポックリ逝く)というのは極端ですが、やはり「高齢者対策」は真剣に考えなくてはいけない時期に来ていますよね。

 『白い巨塔』のような人物中心で読むとガッカリしますが、医療過誤裁判の現実を知るドキュメンタリーとして読めば面白くてよろしいかと思います。
**********************
[コメントを書く]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yookoo/20050318/1111121551
○「破裂」 久坂部羊 幻冬舎 1890円 2004/11
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『破裂』 久坂部羊 幻冬舎のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。