ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『愛がいない部屋』 石田衣良 集英社 
2005.12.28.Wed / 18:39 
愛がいない部屋 愛がいない部屋
石田 衣良 (2005/12)
集英社
この商品の詳細を見る

 ビタースイートな恋愛短編集。

 タイトルが暗示しているように、どの作品にも痛いようなほろ苦さがある。だが、ふと自分の人生を振り返ってみたとき、辛いことばかりではなかったように、この小説の中にもきらきらとした甘い心地よさが残っている。
 
 東京神楽坂の高層マンションに住む人々の物語だ。
 石田衣良が描くと、どの世代の人々にも、どこかエロチシズムが漂いお洒落で甘い雰囲気がある。そんな人たちが織り成すちょっと不安定な感情は、きりきりとこちら側に伝わってきて、じんとしてしまう。そしてそれがもどかしくもあり、息苦しささえ感じてしまうものである。でもだからこそ、気になって気になって次々と読んでしまうのだった。

 一篇一篇が読み応えのある、珠玉の10篇だった。さすが石田衣良である。短篇は非常に巧い。

 「ホームシアター」「落ち葉焚き」「十七ヵ月」「愛がいない部屋」の4篇は、色々と考えさせられた。とくに、ニートである20才の息子のことを書いた「ホームシアター」が心に残った。
 
 引用するのは、未読の方に先入観を与えるので、好きではないのですが、父親の言葉が泣きたくなるくらい好きなので引用しておきますね。

 働かなくても、学校にいかなくても、仕事を探さなくても、いいじゃないか。要するに全部、経済のものさしで人をはかってるだけだろ。なにがニートだ。どこか外国の言葉をもってきて、シールを貼るみたいに人を分類する。おれはもうそういうのはたくさんだ。(本書93頁)

 おすすめ。

 読書日記に載せたものを文体を変えて再録しました。続きにそのときにいただいたコメントを載せておきます。ちょっと長いです(笑)。
[コメントを書く]

# magurit 『こんばんは。1/3の夜に読みました。何かアッサリと読めてしまって・・・石田衣良氏は『娼年』ぐらいしか記憶に無いので「へぇ,こういう短編も書く人なんだなぁ」という意外な感じでした。先日の『ニート』の方が,私の心に残る筋が太いかな。こちらを先に読んでいたらまた,違っていたのかもしれません。敢えて言うなら「良くも悪くも書き慣れてきてるなぁ」というのでしょうか。嫌な感じはしません。テレビのオムニバスドラマを見てるような,スッと入ってくるというか・・・(笑)。「ホームシアター」の父親の言葉は,真保裕一の作品の様な重さを感じました。「魔法の部屋」が昔のモノクロの短編TVドラマ「ヒッチコック劇場」みたいで好きです。最初のルームシェアですが,そんなに流行ってるのですか?(ヤングサンデーの「下北グローイング(?)」でもルームシェアが題材に使われています)では,では。』

# でこぽん 『マグリットさん、こんにちは。
『愛がいない部屋』を読んでくださったのですね。うれしいです。
この短編集は意外性があって楽しかったですね。「へえ~」と思われたのはその通りだと思います。
たしかに『ニート』のほうが心にずしっときますね。石田衣良の作品は書きなれている感じがしますし、そこら辺がお洒落で都会的なんでしょう。雰囲気は大好きでした。
マグリットさんが一番好きだった「魔法の部屋」ですが、女主人公のセックスに対する切なさが溢れてきていて、私も好きです。独特な雰囲気があって良かったですよね。
「ホームシアター」の父親の言葉が、真保裕一の作品のような重さを感じられたというのは、目から鱗です(笑)。『誘拐の果実』あたりでしょうか。
ルームシェアはどうなんでしょうか。若い子はお洒落で綺麗なマンションに住みたいという願望が強いようなので、やはり流行っているのでしょう。
あとでTBしたいと思います。ではでは。』

# magurit 『こんにちは(苦笑)。//「TB返し」というのは,この下の「小さな文字」が表示された事でOKなのでしょうか?なにぶん,アナログな頭のままなので(笑)「直接コメントを書くことがいいかな」と思っておりました。それと,横文字の機能を理解し覚えるのが最近は辛くなってきて(年やわぁ)。
では,また。』

# でこぽん 『マグリットさん、TB返しありがとうございました。お手数をかけました。
もちろん直接コメントを書いてくださるほうが嬉しいのですが、マグリットさんの感想を残しておきたかったのでちょっとお願いしてみました(笑)。マグリットさんのコメントを読んだ方にもそのほうがわかりやすと思いますし。でもまあ、はてなの場合はリンクされてますから、関係ないと言えばそうなんですけどね(笑)。
『ニート』のTBもありがとうございました。こちらもTBしておきますね。
ではまた。』

# magurit 『こんばんは,おはようございます。//嫌味ではありませんから,誤解しないでくださいね。TBの仕方について方法を学ぶキッカケができて感謝しています。まだTBの意味がよく判らないです(苦笑)。『はてな』の本に書いてある内容では。(「はてな内だからTBする意味あるの?」じゃなくて,TBそのものの定義とか目的とか利点とか,誰がTBという概念を考え出したのかその経緯とかを知りたい。でこぽんさんを質問責めにしようと思ってるのでは無いので(苦笑)。「へぇそういう事か」が待っている様な気がするんですよね。余所のブログでもTBはあるし。もしTBそのものがこの世に存在してなくても,そこのURLを本文中に書いて置けば読んだ人が訪問したログで,わかるんじゃないのかなとか単純に思ってしまうものですから。もちろん,「あなたの日記に触発されてこんな文章を書きました」とか伝えるのは礼儀として大事だと思ってます。)//年末に出たダ・カーポの「SINGLE MALT」に石田衣良さんが「自己主張をしない魅力」というエッセイを書いてます。彼は,1960年生まれなんですね。もっと,若い人だと思ってました。同年齢とは・・・(苦笑)。では,では。』

# でこぽん 『マグリットさん、こんにちは。
トラックバックについて有難うございます。
はてな内でのTB送信は、少なくとも本の感想に関してはほとんど必要ないですね。というより、はてなではリンクがなくてはTBを受け付けないことになっているし、TBができる知り合いのところの感想はアンテナとリンクで読むことができるからです。
TBとはどういうものであるのかというのは、有名な「3分でわかるトラックバック」を参照してください。
http://kotonoha.main.jp/weblog/000255_trackback.html
TB本来の目的からいうと、本の感想であれ、いきなり自分の感想を押し付けるようなTBのみの送信はやらないほうがいいと思います。ただし、親しい場合はこの限りではないと思ってますが。コメントにしても「読みました。TBします」というのは、はっきり言ってゴミだと思っています。だから、マグリットさんが、書き込んでくださるコメントは本当に有難いですし、嬉しいです。
ダ・カーポは読んでみたいですね。石田衣良の文章は本当に好きです。年の話はあれなんですが、石田さんは若々しく素敵ですね。サイン会に行きたいです。ふふふ。
石田衣良より、マグリットさんのほうがもっと若いと思っていました(笑)。』

# magurit 『こんばんは。//「もっと若いと思ってました」:嬉し恥ずかしい(爆)。//「3分でわかる〜」は見ていたのですが「よく出来ているなぁ」がどうしても先に立ってしまって・・(苦笑)。書店で数冊立ち読みしました。名前は忘れましたが,ブログ・ソフト(May〜:笑)を開発していた夫婦がTBの必要性や仕組みなどを考えた事等etc.ゆっくりと氷が融けていくのを待ちたいと思っています。でこぽんさんのおっしゃるゴミにならないように注意しながら,TBを使っていきたいと思います。色々ありがとうございました。//
サイドバーにあった”水玉潰し”というサイトはゲームでしたが,面白かったですよ(これも人それぞれですが・・・)。ではでは。』

# でこぽん 『マグリットさん、こんばんは。
レスが遅くなってすみません。明日の図書館返却までに丸山健二の『貝の帆』を読み終えたいと思って今読んでいたものですから。なんとも不思議な小説です。
マグリットさんの文章は落ち着いているのですが、アンテナが広範囲で若いなあと思っていたのです。ゲームでもそうですけど、やっぱり若いですよね。”水玉潰し”というゲームをちらりとやってみました。反射神経が必要なものは、どうももうダメなようですw。探し物ゲームのようなものが好きです。
TBに関しては、マグリットさんのほうが良くわかってらっしゃいますね。失礼しました。コメントの「ゴミ」という発言は過激でしたね。TBにしてもコメントにしても、すべて有難く受け入れています。ただ内容のないコメントはお互いに時間の無駄だと思っていることも確かです。マグリットさんのお蔭で、こういう日頃思っていることを書けたので良かったです。感謝です。これからも遊びに来てくださいね。よろしくです。』

# magurit 『こんばんは。かえって,気を遣わせてゴメンナサイ。//上の方で書いた,真保裕一さんの本ですが『奇跡の人』だったと思います。(『ホワイト・アウト』が出た頃に読んで冒険小説の流れの人だと思い2,3冊読んでみたのです。でも”冒険小説も1冊書いた人”というのがその頃の位置づけでした)『奇跡の人』は「重たいなぁ」と思わせながらズンズン読み進ませる筆致と結末に驚嘆した覚えがあります(その頃は,『新宿鮫』や楡周平にはまりかけていたのではないかと・・・笑)。//関西のおばちゃんは「若いなぁ」と(お世辞を)言われると「アホやからぁ〜」と言うのがお約束らしいです。私も自分で「アホやなぁ」とよく思いますよ(笑)。ではでは。』

# でこぽん 『いえいえ、とんでもありません。
『奇跡の人』は未読です。真保裕一はやはり冒険小説のイメージが強いです。そうですか。これは読み応えのある作品のようですね。読みたくなります。でも新刊に追われていると、なかなか過去の作品まで読めないですね。そのとき読み逃すと、そのままずっと未読になっているということが多いです。
これは少し考えないといけませんね。
若さは、それだけで価値があると思っています。若い方が羨ましいです。それでは。』

トラックバック [本]石田衣良『愛がいない部屋』
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『愛がいない部屋』 石田衣良 集英社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。