ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『東京島』 桐野夏生 新潮社 
2008.06.03.Tue / 14:55 
東京島東京島
(2008/05)
桐野 夏生

商品詳細を見る

楽天で詳細を見る

  ★★★★★

 無人島に漂着した31人の男と1人の女は、いったいどんな生活を送っていたのか。それを読むのは死ぬほど面白かった。こんなに面白いものがあるのかと、生きてて良かったと本気で思った。

 文明生活を享受し、それをまったく有り難みもなく疑問にも思わない自分自身を振り返るとき、蛇を素手で捕まえぶんぶん振り回しながら皮を裂き、奇妙な色をした巨大トカゲが美味だと追い回し、蟻を食べ、ジャングルの中でダニや虫に刺されながら裸で走り回り、風呂にも入ることなく垢が皮膚を覆い、挙句の果てに黴菌にやられて目が潰れ、食中毒で死んでいくような生活を5年以上も続けた彼らの、生への執着には圧倒されてしまった。

 人間の欲とはこれほどのものなのか。物に溢れいるときにはわからないものが、極限状態に置かれると、途端にその姿を剥き出しにしてくる。それは性欲であり食欲である。生きのびて島から脱出できるのかどうかの極限状態にあるのだ。あれは出来るがこれは出来ないなどと考えていたのでは、死んでいくしかないのである。いやしかし、果たして自分も同じように出来るのかと自問自答してみても、島でただ1人の女である清子には到底かなわないのだった。清子の、女を武器に男と渡り合っていく度胸と厚かましさには、ほとほと感心するしかなかった。

 漂流して5年経った今、清子は46歳になっていた。夫を決める籤引きが今年もある。誰よりも太っていたし、年取っていたが、いつだってどこだって清子は主役だった。男は清子の機嫌をとり、奪い合い、果ては殺し合いまでした。

 この小説は、無人島のサバイバル生活を読むのではない。なぜなら、まるでリアリティーがないからである。設定は荒唐無稽だし信憑性は皆無だし、妄想の域を脱してないのだ。言ってみれば、ファンタジーなのである。しかもラストの軽さは如何ともしがたい。纏まりすぎてあっさりしすぎているせいか、ちょっと拍子抜けなのである。しかし桐野がそんなことに重きを置いてないのは確かである。要は、閉ざされた世界で人間はどう生きるのかということだ。

 大勢いた男達はストーカーのような奴や発狂する者、一人ひとりのエピソードはやじ馬的興味はあるが、ろくな男しかいない。そんな中で、たった1人の女であった清子のすごさである。彼女の、いかにして生き延びていこうとするのか、その強かさと計算高さである。もちろん女の嫌な面がとことん出ているのだが、命を繋いでいくという、その行動力と本能の前には平伏すしかないのだった。

 お薦め。


 追記 2008/07/06 23:58
トラックバック
「粋な提案」 http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-503.html
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--NoTitle--

リアリティが欲しいのだったら、“アナタハンの女王”でしょうか。
単行本になってるかと思ってググったけど、見つかりませんでしたが。

- from まちぽい -

--NoTitle--

まちぽいさん

アナタハン事件は映画にもなっていますが「アナタハンの女王」の題名で本になっているのかどうか知りません。ノンフィクション本では大野芳『絶海密室』がそれに当たります。

リアリティがないと言ったのは、例えば無人島ではサバイバル生活かと思えば、食料には不自由してないとか、あとから中国人やら出稼ぎアルバイトの若者が漂着しておきながら、またドラム缶の不当投機なんかもあったのに、そのあと何年間にもわたって誰一人やってこなかったことなど、いろいろと変なんですね。そういうことです。

- from でこぽん -

----

ひさびさの読書ネタですね。
昨日の読売新聞の書評に載ってるのを見ました。
構想4年で、満を持しての作品とのことですが、元となった事件が戦後実際にあったと知ってびっくりしました。
私は知りませんでした。
でこぽんさんや、まちぽいさんの博識ぶりには驚かされます。

- from まゆりん -

----

まゆりんさん

アナタハン島事件は戦時中にあったことです。
こちらのサイトさんで写真つきの解説があります。
ttp://www.nazoo.org/distress/anatahan.htm

これを読んでスゲーとか思いましたが、桐野夏生の小説はもっとすごかったです。
オススメ本です。

- from でこぽん -

----

こんばんは。
凄まじい作品でした。
嫌だなと思いながらも清子の計算高く立ち回る行動力やたくましさに引きつけられました。
実話をベースにしてたのですね。
読んでみてビックリでした。

サイトURLは
ttp://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-503.html
そしてトラックバックURLは
ttp://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/503-7941e134
です。

- from 藍色 -

----

藍色さん

お返事が遅くなってすみませんでした。
読書と腰の痛さで忘れていますた。orz

凄かったですよね。
私はすごく面白かったので、友達に貸したのですが、残念なことに「清子の心と寄り添えなくて面白くなかった」という感想でした。なるほどと納得しました。
やっぱり清子の考えは斜め上をいってましたもの。でも、藍色さんがおっしゃっているように清子の行動力やたくましさには、私も惹かれました。

他の方の感想も読ませていただきました。
とても楽しかったです。
コメントとトラックバックをありがとうございました。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『東京島』 桐野夏生 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。