ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『死墓島』 大村友貴美 角川書店 
2008.10.08.Wed / 22:42 
死墓島の殺人死墓島の殺人
(2008/08/29)
大村 友貴美

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る

 岩手県沖の小さな島、偲母島で猟奇殺人事件が起きる。釜石南署の藤田警部補は船に酔いながら島に渡った。島は有人だったが、15歳以下の子供は全くいないし、残っているのは年寄りとおびただしい墓石だけだった。捜査を進めるうち、島が「死墓島」という不気味な名前で呼ばれていることを知る。

 まさに横溝正史の世界。

 といっても、事件の背景ではなくて内に秘めたどろどろとした感情であるが。実際、殺人の動機も手段も目新しいものは何もないのだが、そこから生まれる感情の複雑さに我を忘れて読んだ。

 かつて処刑場だった裏の歴史を知り、この島で暮らす人々の閉塞感を思うと、やり場のなさを感じる。若い人がいなくなり過疎化が進むのはなにもこの島ばかりではないが、それでも「島」という物理的に閉ざされた世界に住み続けていくのは、閉鎖的な人間関係の中にも、強い決意みたいなのを感じるのだった。

 本格ではないし、事件そのものを楽しみ方には物足りないかもしれないが、横溝正史の雰囲気が好きな方には是非お勧めしたい作品。

 (次作では、渋い藤田警部補が見たいです。)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『死墓島』 大村友貴美 角川書店のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。