ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『聖女の救済』 東野圭吾 文藝春秋 
2008.11.07.Fri / 22:36 
聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る

 このトリックを使いたいがために書かれた作品。

 となれば、トリックに魅力を感じなければ、作品自体になんら魅力はない、ということ。容疑者はたったの一人。いかにしてトリックを使ったかということ。このトリックを見破れなければ我々は負ける。内海は直感で、草薙は心情的に。どちらも論理的ではないところが笑える。そこのところは、例によって湯川が考えてくれるのでどうということはない。

 たった一つのトリックで勝負したことは本格ミステリとしては大いに評価できる。が、それにしては、このトリック一つで長丁場を乗り切るのは容易ではなかったようだ。何度も同じことを繰り返し話し合い、鑑定するのは冗長に感じるし、飽きる。要は、ネタが弱いために、話に深みがないのである。完全犯罪と言われれば、そうか、と肯きそうになったが、突っ込みたいところがいくつかあって、消化不良に終わった感じだった。

 まあでも、そこは東野圭吾なのでそこそこ楽しめるのでは。


トラックバック
-「粋な提案」http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-616.html
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

いやはや僕は失敗作だと思ってます。トリックはともかくキャラクターも生き生きしていないです。だから悲しいかな、最後まで持たないんですよね。容疑者Xしかり、こういうネタで長編書くのが元々好きな作家ですからね。

- from Kadock -

----

Kadockさん

ですね。
でもファンが怖くてさすがに露骨に貶すことはできないです。
最近の東野作品はつまんないです。
こんなものばかり書くのであれば、もう読まなくてもいいかなと思います。

キャラクター? ちょーつまんない。それこそ人間が描けてないでしょ。

- from でこぽん -

----

問題なのはドラマの方が魅力的にキャラクターが描けているということなんですよ。ドラマで出来たキャラクターなのに、原作者がキャラクター を愛していないのか、単なる対立する記号になっちゃってるんですよね。僕も残念ながらもう読まなくても良いかと思ってます。

- from Kadock -

----

Kadockさん

そうそう。
問題はそこです。
なんでドラマのほうがキャラが立っているんでしょうね。
なるほど、あまりこの登場人物が好きじゃないのかも。
でもドラマのほうは東野の好きなアーモンドアイの柴崎コウじゃないですか。うーん、おかしいなあ。
だとすれば、やっぱり人間が描けない? ははは。

単なる記号というのは、それは的を射ています。
本格ミステリにおいて、キャラクターは単なる記号というのはお約束ですから。

もう読まなくてもいいでしょ。
といいながら、いつもちょー期待しながら、わくわくしながら読んでいるんですよねorz

- from でこぽん -

----

こんばんは。
昨日は、ありがとうございます。

う~ん、確かに冗長と言えるかもです。
トリックが魅力的だったので評価してますが、
短編向きだったかもしれませんね。
サイト
ttp://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-616.html
トラバ
ttp://1iki.blog19.fc2.com/tb.php/616-b4c28e60

- from 藍色 -

----

藍色さん

結局のところ、犯人と湯川のどちらを応援(感情移入)したらいいのかわからないまま終わったというところでしょうか。
他にもいろいろと突っ込みたいところがたくさんあって、どうにも、ね。

- from でこぽん -

   非公開コメント  
スポンサーサイト『聖女の救済』 東野圭吾 文藝春秋のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。