ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『スリーピング・ドール』 ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋 
2008.11.10.Mon / 01:12 
スリーピング・ドールスリーピング・ドール
(2008/10/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る
楽天で詳細を見る

 リンカーン・ライムシリーズのスピンオフ作品。『ウォッチ・メイカー』で登場したキャサリン・ダンスが主役。

 キネシクス分析の天才であるダンス捜査官が追う相手は、終身刑のカルト指導者ダニエル・ペル。巧妙に仕組んだ計画により、まんまと脱獄に成功したペルは、ガールフレンドを言葉巧みに操り、行く先々で、自分を脅かす者を容赦なく殺していく。追うものと追われるもの。二つの天才的な頭脳が、お互いを出し抜いたとき、物語は思わぬほうへ加速してゆく。

 そういえば、ディーヴァーはどんでん返しがお得意だ、ってことを忘れていた。それこそ、まんまとディーヴァーに操られて騙されてしまった、ということか。心地よい脱力感がなんともいえない。

 嘘を見破る達人とはいえ、ダンスのCBI捜査官としての仕事は、それほど派手とはいえない。いわゆる人間嘘発見器なんだが、こつこつと相手の表情や仕草を観察して、嘘をひっぱがし、彼らの感情を引き出してゆくのは忍耐力を必要とするし、地道な作業といえる。だからか、序盤、中盤とやや盛り上がりに欠けたようだ。しかし、終盤のドンデン返しによる怒涛の展開には、やはりディーヴァーだと恐れ入った。

 心の内を吐き出してゆくのを読むのは悪くはないが、やはりそれだけだとハラハラ・ドキドキ感は少ない。感情の起伏には、やはりスピード感が必要だろう。それでも、主犯のペルや周りの女たちの造形が良くできていたせいもあり、キネシクスという地味なキャラを最大限に生かしたストーリー作りには拍手を送りたい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『スリーピング・ドール』 ジェフリー・ディーヴァー 文藝春秋のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。