ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ソウルケイジ』 誉田哲也 光文社 
2007.04.11.Wed / 10:03 
ソウルケイジ ソウルケイジ
誉田 哲也 (2007/03/20)
光文社
この商品の詳細を見る

 『ストロベリーナイト』の続編。
 
 多摩川土手に乗り捨てられた軽自動車から血まみれ左手首が発見される。なぜ左手首だけが残っていたのか。調べていくうちに意外な事実が浮かび上がってくる。
 
 今回も主役は捜査一課十係の姫川玲子主任(29歳)。カンと閃きで事件を組み立てていく彼女だが、この若い警部補の会話がなんともユニークで楽しい。捜査会議の席では、いつも心の中でいい感じに突っ込みを入れながら、ホシをあげようとする情熱は人一倍だ。そんなことは当たり前か。反対に一切の予断は捜査の妨げだと、見たもの出たもの聞いたものしか信じないのが同係の日下主任。まったくタイプの違う二人が競っていくのだが、これがなんとも面白い。わだかまりがあるようで、心配したり気にするところは、やはり刑事の血がそうするのか。重苦しい場面があっても、姫川と菊田の恋模様があったりと軽妙な筆致で進んでいくのでとにかく楽しんで読める。
 
 ただ、ある一場面はどうしても読めなかった。可哀想で胸が掻きむしられてダメだった。
 
 シリーズ物として読み続けたい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ソウルケイジ』 誉田哲也 光文社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。