ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『九月の恋と出会うまで』 松尾由美 新潮社 
2007.03.30.Fri / 10:19 
九月の恋と出会うまで 九月の恋と出会うまで
松尾 由美 (2007/02/21)
新潮社
この商品の詳細を見る

 SFミステリの要素がたっぷりな素敵な恋の物語。
 
 2004年の夏。旅行代理店に勤める27歳の北村志織は、趣味の写真を現像しているとき、薬品の臭いで隣人とトラブルになり引っ越しを決意する。引っ越した先は、「芸術関係者」のみが住んでいる、4部屋しかないアパート。住民は、オーケストラ団員の倉に、美人外科医の祖父江。それから、どこに芸術的趣味があるのか分からない会社員の平野。ある日、部屋の壁にあいたエアコン用の穴から男性の笑い声が聞こえてきた。もっと驚いたことに、このシラノ(仮名だが)と名乗る男性は一年後の2005年からだと言う。言葉を交わすうち、隣室の男性、平野を尾行して証拠写真を撮ってほしいと頼まれる。だが、理由は全く教えてくれない。そのうち、ぬいぐるみの熊まで喋りだす始末。一体どうなってるのだろうか。
 
 素敵な恋の物語と言ったが、綺麗に纏まっているというだけで、恋愛自体は乙女チックで面白くもなんともない。お互いどこに「好き」なる要素があるのかまったく分からないのも、恋に恋しているとしか思えないのも、単にわたしが年取ってしまったからなのかもしれないが。そんな天邪鬼なわたしでさえも、最後は感動してしまうから不思議だ。たぶんSF要素が優れていて、知らず知らずのうちに「有り得る」かも、なんて思ってしまったからじゃないだろうか。とにかくこれほど良くできたタイムパラドックスを処理した話は読んだことがない。素晴らしかった。馴染みのある都営地下鉄の大江戸線を使って説明してくれたのも良かったのかもしれない。
 
 面白かったです。
 
 お薦め。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『九月の恋と出会うまで』 松尾由美 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。