ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ミハスの落日』 貫井徳郎 新潮社 
2007.03.28.Wed / 10:23 
ミハスの落日 ミハスの落日
貫井 徳郎 (2007/02/21)
新潮社
この商品の詳細を見る

 外国を舞台にした5つの短編ミステリー集。
 
 どの作品も非常に読み応えのある面白い作品ばかりである。なのに、評価を5つ星に出来ないのは、後味の悪さにある。どうも貫井氏はその辺のことをあまり考えてくれてないように思われる。例えば、登場人物の憎悪や妬み、怒り、嫉妬は、物語の途中では読者に反発や反感といった、不の感情が湧き出るかもしれない。だが、それはいい。物語に深みが出て、より一層面白みを増すから。しかし、読後の余韻というものを少しでも考えてくれるなら、小細工をしないで、もう少し素直にオチをつけていただきたい。だから、他の作品でも感じるのだが、途中は物凄く面白いなあ、と思っても終盤になるとガックリすることが多い。惜しいな、と思うのである。
 
 それでも、相変わらずリーダビリティは抜群だし、どの作品もしっかりと背景が作り込まれているので、非常に楽しめることは確かだ。とくに「ミハスの落日」が良かった。ミステリーとしては、貫井氏本人もあとがきで書いてあるように、トリックは噴飯ものだが、殺人事件の真相とあいまって永遠に解かれることのない誤解が、時の流れと残酷さを見せつけてくれて、読後はしみじみと感じ入るものがある。良い話だった。次の「ストックホルムの埋み火」も良かった。ミステリーを読み慣れた人にはお馴染みだろうが、この仕掛けに驚いた。だけど、レンタルビデオ屋の店員の行為は好きになれないけどね。三人の夫を事故で亡くした美しい未亡人が登場する「サンフランシスコの深い闇」は、登場人物の誰もが楽しくて良かった。真相はバレバレだけど。主人公の保険調査員がいい味を出してくれていたのでまた続きを読みたい。4作目の「ジャカルタの黎明」からどうも好きになれない。驚かせるためだとしても、道具としての娼婦の使い方がいまいち。ラストも、ふん、という感じ。で、最後の「カイロの残照」が最悪。これをラストに持ってきた意味がわからない。後味が悪くて、やりきれなさだけが残った。
 
 なんだか愚痴ばかり書いてしまったが、でも全体として、やっぱり貫井さんの作品は面白いし、とても楽しめる。ということで、とくに貫井さんのファンの方にはお薦めします。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト『ミハスの落日』 貫井徳郎 新潮社のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

でこぽん

Author:でこぽん
 ようこそいらっしゃいました。
でこぽんです。

 このブログは「でこぽんの読書日記」のミラーサイトになります。感想文の保管庫ですね。読書通信となっていますがdollのほうがメインになるかと。なるべく多くの写真を載せていきたいと思います。画像をクリックしていただくと元の大きなサイズになります。
 それではどうぞよろしくお願いします。

 高速画像表示にするため、「広告あり」に設定しました。ちょっと邪魔ですがよろしくお願いします。2011/12/21

---------
 感想でいらした方は、カテゴリの[国内海外]の感想をクリックしていただくと日付順に表示されますので見やすいかと思います。
 でも最近は感想文は書いてないです。すみません。

---------
 カテゴリのところをちょっといじりました。
 ドールはmomoko、Misaki、Barbie、FRと分けて、それぞれの全記事が表示できるようにしました。少しは使い勝手がよくなったと思うのですが、どうでしょうか。2008/7/23

----------------
 何かありましたらこちらまで。
 メールアドレス
yokonetjp*yahoo.co.jp(*を@に変えてください。)

------------
 薔薇の黒背景は画像が綺麗に見えるので私も好きでしたが、やはりエントリ別に見るときは使い勝手が良くないようです。CSSを弄れるといいのですが、このレベルになるとさすがに勉強しないと無理なのでやめました。ずいぶん粘ってみたんですけどね。なので元に戻しました。またそのうち黒背景にすると思います。2008/09/24
------------
 そうそう。コメントは「OPEN▼」でも読めます。いちいち戻らなくてもいいので便利かもしれません。

最近のコメント
最近のトラックバック
カウンター
でこぽんの読書メーター
でこぽんさんの読書メーター
QRコード
QR
CopyRight 2006 でこぽんの読書通信 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。